飲む日焼け止めが話題になっていますが

副作用が心配だったり、危険性がないのか

心配な人も多いと思います。

まだ発売されたばかりなのでどんな成分が

使われていているのか知らない人がほとんどです。

紫外線を抑制するための配合量が凄い!と話題になっている

インナーパラソルの成分を調べてみました!

インナーパラソルの全成分

インナーパラソル成分

シトラス果実・ローズマリー葉エキス末、還元麦芽糖水飴末、きのこ(ササクレヒトヨタケ)乾燥末、パイナップル果実エキス末(セラミド含有)/ビタミンP、ビタミンC、結晶セルロース、シクロデキストリン、ステアリン酸カルシウム、微粒二酸化ケイ素

 

飲む日焼け止めの有効成分はニュートロックスサンという

シトラス果実とローズマリー葉エキス末を合わせた成分です。

この中で副作用の心配がありそうなものをピックアップします。

  • 結晶セルロース
  • ステアリン酸カルシウム
  • 微粒二酸化ケイ素

このあたりがちょっと怪しそうです。

一つ一つ調べてみました。

 

結晶セルロース

セルロースは植物の繊維質なので有害ではありせん。

医薬品添加物として広く用いられています。

味はなく、成分を固めるためのもの。

 

ステアリン酸カルシウム

混ざりにくいものを混ぜるために必要なもので

ほとんどのサプリメントに使用されているモノです。

二酸化ケイ素

添加物ですが体に吸収されることはないようです。

カップ麺にも使われています。

 

 

他社の飲む日焼け止めすべて同じものだけが使われているとは

限りませんが、インナーパラソルには

有害のものは無さそうです。

 

公式サイトでも安全だということを強調されています。

飲む日焼け止め副作用

ただし、まれに体質や体調によって体に合わない場合もあるようなので

その時は使用を控えるようにしてください。

これはどのサプリメントも同じように書かれていますね。

 

インナーパラソルは私も飲んでいますが

飲みやすく、一日2粒でいいのでとても楽です^^

 

これまで飲む日焼け止めは海外では一般的に飲まれていましたが

日本では一部のエステサロンや海外製の物しか販売されていませんでした。

インナーパラソルは日本製で全成分検査をクリアした安全な成分です。